VA・VE事例

角パイプの使用を指定せず 曲げ加工品を使用する
<ステンレス精密板金の曲げ加工によるVA・VE設計のポイント>

角パイプなどの規格品を使用することは一見コストダウンに繋がるように思われますが、実際はケースバイケースでコストアップすることもあります。例えば上記の図面のように角パイプを使用することが指定された精密板金製品の場合、角パイプを切断するだけで製品として使用できるので手間はかかりませんが、小ロットの場合は残材が発生するので経済的ではありません。

角パイプが使えるような形状でかつ小ロットの場合は、角パイプを使用することを設計上指定せずに板曲げ加工による板金構造を採用します。このように板金構造とすれば残材の発生が抑えられる上に曲げ加工によって十分な強度が得られる上、上記のように分割構造のように設計すれば、安く製作でき小ロットにも対応することが可能です。

POINT

コストダウンを行うための規格品の採用は、殆どのケースではコストダウンに繋がります。ただし、その規格品に都度穴明けなどの追加加工を行ったり、小ロットで残材が多く発生してしまうようなケースでは逆にコストアップになったりします。角パイプを使用することが想定されるケースでは、角パイプの使用を設計上指定せず、ステンレスなどの板材からの曲げ加工品で対応すればコストダウンを行うことが可能となります。

お問合せ

お電話またはメールよりお気軽にお問合せください。

資料請求はこちら

薄板溶接の技術相談

薄板溶接.comの電話番号

メールでのお問合せはこちら