VA・VE事例

溶接ボルトをスタッドボルトに変更しコストダウンを行う
<ステンレス精密板金の溶接によるVA・VE設計のポイン>

精密板金による製品を製作する際においてボルトの取り付けが必要な場合、通常であれば上の写真のようにボルトの頭を裏から溶接するケースがあります。このような場合、特にステンレス板への溶接を行う場合には歪みも発生し、さらに溶接の時間もかかります。また、溶接による焼けを取るために酸洗いをする必要もあるので、時間もコストもかかってしまいます。

特にステンレス板にボルトを取り付けなければならない場合には、ボルトを溶接する方法ではなく、スタッドボルトを使用するようにします。こうすることで、溶接による焼けも発生せず、熱による歪みが発生する心配をする必要もありません。さらに、スタッドボルトはすみ肉溶接ではなくスタッド溶接機によるスタッド溶接を行うので、溶接時間も短縮することが可能です。

POINT

精密板金においていかに溶接を工夫するかが、作業時間を短縮させコストダウンを行うことにつながります。ボルトを溶接する際にも単にすみ肉溶接を行うのではなくスタッドボルトを用いてスタッド溶接にて取り付けるようにすれば、作業時間が短縮すると共に溶接による歪みも最小限に抑えることができるので、コストダウンと同時に品質の向上も図ることが可能となります。

お問合せ

お電話またはメールよりお気軽にお問合せください。

資料請求はこちら

薄板溶接の技術相談

薄板溶接.comの電話番号

メールでのお問合せはこちら