VA・VE事例

パイロット付き溶接ナットをスポット止めし加工時間短縮
<ステンレス精密板金の溶接によるVA・VE設計のポイン>

精密板金において、部品同士を組み立てる工法としてナットによるものがありますが、通常は上記の写真のようにステンレスなどの板材に溶接によってナットを取り付けるナット溶接が行われるケースが多くあります。この場合、ナットをTIG溶接やMIG溶接で溶接しなければならず、工程が多くかかりコストアップの要因となります。

パイロットナットを使用すると、作業時間が短縮します。

部品同士を接続する方法としてナットによる工法を採用する際には、パイロット付き溶接ナットを用いることで作業時間を大幅に削減することができます。通常のナットとは違い、パイロット付き溶接ナットはスポット溶接機で溶接することが可能となり、溶接工程が一工程で済み時間短縮に繋がります。また、ステンレスなどで懸念されるひずみも少なくなります。

POINT

精密板金においてコストを削減する方法の一つとして、なるべく溶接をする部分を少なくするという事があります。特にステンレスでは歪みやすい為TIGやMIGよりもスポット溶接をする方が作業時間を短縮することができます。ナットを溶接する際には、通常のナットではなくパイロット付きナットを採用すれば、スポット溶接機を用いることができるため少ない歪みで作業時間を短縮できるため、品質アップとコストダウンが同時に実現できます。

お問合せ

お電話またはメールよりお気軽にお問合せください。

資料請求はこちら

薄板溶接の技術相談

薄板溶接.comの電話番号

メールでのお問合せはこちら