VA・VE事例

ステンレス厚板はナット溶接ではなくタップ加工を行なう
<その他のステンレス精密板金のVA・VE設計のポイント>

鉄やステンレスの精密板金あるいは製缶板金においてナットとボルトによる固定方法があります。この方法は強度が得られるために多く採用されますが、ナット溶接を行うと手間がかかる上部品を管理するコストも上昇してしまいます。上記の写真では十分な板厚があるにも関わらず、ナット溶接が指示されています。

鉄やステンレスなどの板厚が厚い場合は、ナット溶接による方法のほかにタップ加工による固定方法を合わせて検討します。十分な板厚があると十分なタップを切りネジ山を確保できるので固定する強度としても十分なものを得ることができます。ナットとボルトでは溶接する手間・および部品を管理する必要があるので様々な観点から固定方法を選ぶようにします。

POINT

精密板金あるいは製缶板金においてナットとボルトによる固定方法は強度が非常に強くなりますが、一方でナットを溶接したりする手間、あるいは部品を仕入れ管理する必要があるためコストは上昇傾向にあります。もしステンレスや鉄などの板が十分な板厚があるのであれば、ナット溶接ではなくタップ加工を施すことで、手間と部品管理コスト・および溶接の手間を削減でき、コストダウンにつながります。

お問合せ

お電話またはメールよりお気軽にお問合せください。

資料請求はこちら

薄板溶接の技術相談

薄板溶接.comの電話番号

メールでのお問合せはこちら